男のロマン

「釣りバカ日誌」がやっていた。
基本的に好きなんだが、宮沢りえが出るやつなのでちょっと観た。

「釣りバカ」はさあ、ちゃんと観てると「これ前衛的だなあ」みたいなシーンがたまにあるよね。
「何が面白いのかなあ?」みたいな。

それから、宮沢りえみたいな娘が親戚に居たら、世のおいさんはさぞ嬉しいんだろうなあ、と思わせた。
ヒロインとゆうものを、ちょっと違うところに持ってきたよね、「釣りバカ」は。

鈴木京香もそうだったもんね。
鈴木京香の出た時の「釣りバカ」で、ひきこもりの弟が突然ハマちゃんに言われて釣りに行っちゃうシーン、良かったなあ。

と、ここまで「釣りバカ」のことを語る20代の女子は私の他に見たことがない。

私は好きな映画を問われたら「『釣りバカ』と『青いパパイヤの香り』」と答えるようにしている。
本当にどちらも好きだ。
[PR]
by nanv | 2006-04-03 22:36 | television テレビ


<< チョコとピーナツのハーモニーが 意地のトリビア感想 >>