有田依句子さんのWeb個展「小さき人々」

b0004252_2255379.jpg


先日の、南部宏子のマンガイベント「マンガ喫茶 ナンブックス」で連日に渡り素晴らしい助手をしていただいた有田依句子さんが、webのギャラリー、web gallery SPOONで今日から個展を開いています。

その名も「小さき人々」。

有田さんの作品は手の平サイズで、10cmあるかどうかの背の高さのものばかりです。

b0004252_2324591.jpg

↑左の新書サイズ辞書の上にあるのが、有田さんの作品。オオサンショウウオのカレルとマスジです。

それで、だいたい何かかぶりものをしてるというのが特徴です。

そして、これ、本人にも言ったことないのですが…、私、最初、有田さんの作品って苦手で、でもそれって、今知れば知るほど面白い、彼女の作品の「おそろしさ」や「こわさ」、「ブラックさ」を感じていたからなのかな?と、思います。

ご自身も自分の作品を「エグい部分がある」って言ってますしね。

あと、彼女も小さいですよ笑。
そして彼女の中にもある「おそろしさ」や「こわさ」を、今楽しんでいる最中です笑。

ところで、私、彼女のお名前を「依狗子」だと最初思っていて、格好いい!!と思っていたのですが、「町でうわさの天狗の子」が好き過ぎただけの空目でした…。

そんな有田さんの作品、ウェブでまず見ていただいて、西荻窪の「ニヒル牛」で実物を見てみてください。

私も魚類、売れる前に見ておきたい!
by nanv | 2012-12-10 23:17 | manga マンガ


<< 新月と流星群 おひっこし >>