<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

水玉の女王

b0004252_21341462.jpg


先日、NHKでやっていた草間彌生のドキュメンタリーで、彼女の異称は「水玉の女王」と言っていた。

その放映を観ていた時、私はearth music & ecology の水玉シャツを来ていて、更に言えば通勤時には無印の水玉のショールもしていたんであった(ちなみにとても良い組み合わせでカワイかった)。

そして、大好きなマディで買ったハンカチも水玉。

何も疑う余地なく水玉にしてたよ。

ある意味私も水玉の女王。
[PR]
by nanv | 2012-09-30 21:27 | je crois ぼんやり

これから

b0004252_23515110.jpg

                                    青山劇場近くのカフェ・マディのバンショー。

昨日、青山劇場・青山円形劇場閉鎖決定のニュースが、私の友人達の間で飛び交った。

特に青山円形劇場は、私がアコカという劇団で、大道具・小道具はじめ人生の色々を教わった師匠がよく仕事で口にしていたので、そのニュースがとても身近に感じる。

Facebookでもコメントしたが、色々と楽しい施設や雑誌やイベントがなくなっていって、私達30代はこれから30代後半、そして40代、50代と何を楽しみにしていけばいいんだ?と思った。
そして、なくなっていったものをまた別の形でつくっていくのが私たちの仕事なのかも、とも思った。

そのことを、今日、バイト先で50代の女性に言ったら「そうねえ、私達が一番楽しい世代かもね。昨日友達とも話してたの」と言う。

さらに、昨日思ったことを付け足せば、今の20代は好景気を知らないから、何をゴールにものづくりをしたらいいのかわからないのでは、ということ。
でもそれは要らない心配かも、とまたその女性と話して思った。

「今の若いひとは話しててもつまらないね」

そう、彼女は言った。

私も、そうか、と思ってうなずいてしまった。

だけど、戦後の日本って好景気知らなかったけど、アメリカをモデルにやってきたわけでしょ?
今の若い人だって、昔の日本とか、または全然違って北欧とか、アフリカとかネイティヴアメリカンとか、色んなものをモデルにしてものづくりをしていくかもしれないよね。

多くの人がひとつのことではなくて、多様化されたものづくり。

私の知ってる若いひとたちは、ちょっと話すと確かにつまらない。
自分の知っている知識や言葉だけで話すから。

だけど、それって私たちだってそうだった。
それを忘れてはいけないよな、とまた思えた日だった。

我々がロスト・ジェネレーションなら、今の20代は失うものさえないのではないだろうか。

でも明日は来る。
そして夜明けはいつも明るい。

これからも色んな世代のひとと付き合って、楽しみたいなと思った日だった。



大学教授の木村浩則さんが主体となって活動しているふくろうゼミというのに関わり始めました。

「学校」化、「予備校」化しつつある日本の大学に、もはや本来の知的文化の醸成は期待できないという認識のもと、都会の雑踏の中に、知的関心にあふれた市民が集い、今一度、知的討議空間の創造をめざそうとするプロジェクトです。(ブログより)

次回は10月20日(土)16:30から、池袋にて。
日本の城の魅力についての報告です。

今日書いたことに興味のある方は、これも面白いかも。
そして若い人に来てほしいなって、今日のブログを更新してて、とても思いました。

バイト先の若い子たちを誘ってみようと思ってます。
私も若いけどさっ(笑)。
[PR]
by nanv | 2012-09-30 00:22 | je crois ぼんやり

私の色

b0004252_2393731.jpg


健康診断の歯科検診でもらった歯ブラシの色がオレンジ。

オレンジ大好きの私に素晴らしい贈り物。

歯磨き頑張ります。
今日、生まれてはじめて噛み合わせがおかしいことを指摘され、戸惑っている。
[PR]
by nanv | 2012-09-28 23:06 | je crois ぼんやり

新しい愛用品

b0004252_23232921.jpg


もう何年も、朝に日記をつけている。
思ったこと何を書いてもいいと本で読んでから。

つけていると、ひとの悪口とかより、ポジティブなことの方が、表に出しにくいように思う。
だから、ポジティブなことを結構書いている。

最近、デルフォニクスのお店で見つけた、ナヌークというノートを使っている。
無地。

引っ越すから、記念にと買ってみたのだが、大きさがそろっていたらいいな、とか思い、続けて買ってみることにした。

しばらくよろしくね、ナヌーク。
[PR]
by nanv | 2012-09-25 23:15 | je crois ぼんやり

許容

b0004252_23472871.jpg


ついに悪魔に魂を売ったかと、我ながら罪悪感はあるが、先日来てくれた友人の置き土産。
いつまでたっても飲まないより、飲んでしまえ!と今日飲んだ。

明日は本当の酒飲みます。宣言。

立呑み屋でも寄って来るかな。
[PR]
by nanv | 2012-09-24 23:43 | je crois ぼんやり

臨時増設

b0004252_22411272.jpg


友人たちが、引っ越し祝いにと、我が家に遊びに来てくれた。

洗い物が多いので、食器かごの他にも臨時に洗い物を干すところを増設。

特別な日の、特別な仕様。
こういうの、私は嬉しくなる。


金曜に更新し忘れたマンガ、「マイナーコード」さっき更新しました。
[PR]
by nanv | 2012-09-23 22:29 | je crois ぼんやり

ご自由にお持ち下さい

b0004252_2129485.jpg


我がバイト先の靴屋の修理コーナーのおいさんが、お客に読ませるのと、面白いのとで買った古本で不要になったものを持ち帰り自由にしていた。

修理コーナー通ったら「持ち帰り自由です」と、わざわざ声をかけられた。

存じておりますよ、おいさん。
さっき同僚が選んでる途中、本入れてる靴箱ひっくり返したの見てましたから。

そしてその時、これしかないと思ったものを選択し、売場に持ち帰った。

それがこれ。

久々に解きました。
いや、正確に言うと解き方見た。

これからバイト暇な時はこれ解きます。
[PR]
by nanv | 2012-09-21 21:21 | je crois ぼんやり

カワイイ下書き

b0004252_23443647.jpg


横顔を描くのは、好きだったはずなのに、最近上手く描けなくて、ちょっと悔しかった。

でも今日、改心の出来がひとつ。

ちよっとずつ、ちよっとずつ、成長していこう。
[PR]
by nanv | 2012-09-19 23:39 | manga マンガ

ひみつの夏フェス。によせて

先ほども更新したばかりなのですが、手描きでありがとうを伝えたかったので、ここに載せます。
携帯(スマホでなく)で見にくい方もいると思うので、画像のあと、一応テキストも載せますね。

b0004252_0113340.jpg

b0004252_01211.jpg

b0004252_0121552.jpg


merci beaucoup!
ありがとうございました

「ひみつのお絵描き教室・夏休みワークショップ3連発/ひみつの夏フェス。」写真、マンガ、宿題すべておわりました!

遅くなりましたが、ご協力頂いた講師の方々、お手伝い頂いた方々、見てくれてご意見ご感想くれた方々、本当~~~~に!!!ありがとうございました。

はっきり言って、とても迷惑かけた方もいます。

だけども私は今回このワークショップ×3は

「やりたい人たちと やりたいことができた」

のが、腹の底から、のどの奥から、体の芯から強く強く思っていることです。

特に宿題ワークショップをやりたい!と去年の年末?今年の初め?あたりに いのまた先生やみふね先生に話した時に賛同してくれて、熱く下手な説明をする私を「そのナンヴを動画で撮っておきたい」と言ういのまた先生に感動したことを思い出します。

私は昔から、本当にひとさまにご迷惑をかけ続け、「やりたいこと」をつき通して来た人なので、こんなわたしの声に乗って集まってくれた方々に本当に本当に感謝します。

ヒステリックでわがままで説明下手な私を昔から知ってる方から、8月入ってから、ついこの間知り合った人まで、色々集まって楽しんでくださったのは本当にありがたいことです。

そして宿題持ってきてくれたキッズたちも本当にありがとう!!

次回は12月1日(土)・2日(日)を含んだ3日間くらいで展示&ワークショップをします。
ナンヴマンガ読み放題の予定です。
お楽しみに!!

マイナーコード」まとめ冊子も売るよ!!
[PR]
by nanv | 2012-09-06 00:25 | peinture お絵描き教室

動画配信で話したこと

遅くなりましたが、8月25日「夏の宿題手伝います」で19:00くらいから1時間ほど配信した動画でお答えした宿題のことをまとめてここに載せたいと思います。

15分に1つのお題、という感じで進めていきました。
司会はわたくしナンヴが担当いたしました。
宿題の解決をどしどし進めていきますよ!

まずは、特に書き込みもないのに答えを提供!という宿題(笑)。

①14歳までに読んでおくべき少女漫画 /回答 うどの先生

守備範囲が広すぎる、うどの先生の得意分野のひとつ、70・80年代少女漫画。
その中から特におすすめの10冊(!)を持って来ていただきました。

b0004252_23492367.jpg


14歳まで…ってわけではないのですが、今回選んだこのマンガ群には共通点があります。
それは、メガネっ娘(こ)です!!

特筆すべきは田渕由美子先生の単行本の表紙で、写真では背表紙だけですが、この3冊の中、2冊も表紙にメガネっ娘が描かれています。

当時は「りぼんオリジナル」という、少女漫画雑誌「りぼん」の別冊が創刊され、田渕先生は表紙をしばらく担当されていたのですが、季刊4回のうち、3回メガネっ娘を雑誌の表紙に持ってきたそうです。

特に、その当時、メガネっ娘が流行っていたわけではないらしいのですが、田渕先生のそのメガネ推しは多くのりぼんっ子でめがねっ娘を勇気付けたことでしょう。

さて、マンガで育った日本人なら、メガネ女子のハッピーエンドは「メガネをはずしてみたら美少女だった」ってオチでしょ?とお思いでしょう。

それが、うどの先生が持って来たマンガ群にはそれがほとんどありません。
むしろ「メガネあってこそのきみだよ」と優しくささやく男子ばかり!(当日メガネのナンヴ・ありたは歓喜)

くらもちふさこ先生のデビュー作もメガネっ娘のお話で、タイトルも「メガネちゃんのひとりごと」。
ナンヴもそこで既読であることを思い出したのですが、そうなんですよ、相手の男の子が言ってくれるんですよ、「メガネはきみの魅力だぜ」って。

なので、これを読んで、うら若き女子、女性たちはメガネをはずさずに広い世界へはばたいていただきたいという、うどの先生の強いメッセージがこもったマンガ選でした。

いやー、これ、すごい面白かった。
マンガ広げてカメラに見せたりしてね。
動画を録画しないという失態をした身としては、こうやって字に起こすしかないんですけどね。あははは…。

写真のコミックスは古本屋でも入手困難で申し訳ないのですが、文庫版が出ているはずなので探してみてくださいね。

②読書感想文の上手い書き方 /回答 ありた先生

More
[PR]
by nanv | 2012-09-05 23:28 | devoir 宿題手伝います