<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

求めていたアルバム

私が連載しているサイト「ナンカアルカナ」は、会員になると「ナンカキタカナ」というサービスが受けられる。

それは、単語を登録しておけば、それにヒットするCDや本などの発売をアマゾンのデータから持ってきて知らせてくれるサービスだ。

今回それで、大好きなカーネーションのニューアルバムの発売を知って、初めて「ナンカキタカナ」いいぞ!と思った(ごめん)んだけど、ニューアルバムと共に、カーネーションの前身バンド「耳鼻咽喉科」の復刻アルバムが出ることも知った。

うわあ!
欲しいけど、でも何か買うのこわい(笑)!
だってバンド名「耳鼻咽喉科」だよ?や、前から知ってたけど。

最近はアマゾンだといっぱい視聴できるんだね。
相変わらず素敵な曲だった。カーネーションの曲。

そういうバンド、他にあんまりないんだよなあ。
あ、アジカンかな。私には。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑いつ買おうかな~。2月の誕生日まで待ってもいいなあ。今日もいらしてれてありがとうです。ぜひクリックを!
[PR]
by nanv | 2009-12-17 17:55 | je crois ぼんやり

求めていたアニソン

あー、これ書こうと思って1ヶ月くらいたった。

「君に届け」のアニメを見た。
飛ばし飛ばしで見たり見なかったりの日々だが、このアニメで気になったのはオープニングテーマ。

あまり聞いたことのない、さわやか男性シンガーの、その名も「きみにとどけ」と言う曲なのだが、歌詞が、原作の中で使われていた印象的な単語をちりばめたり、原作の雰囲気や物語を髣髴とさせるつくりで、まさにこの漫画・アニメのための一曲なのだ。

最初、私は「あーあ、せっかく一人のシンガーソングライターとして活躍したいだろうに、色々制限の中つくってかわいそうだな、この人」と思っていた。

しかし何日か経って、自分がよく「最近のアニメはアニメのタイトルを叫ばなくていかん」と言っていたことを思い出した。

そうだ、「きみにとどけ」は、いまどき珍しい、私が求めていた「タイトルを叫ぶ」(叫んでない)アニソンだ。

それに気付いてから、すっごく気に入っている。
タニザワトモフミさんの「きみにとどけ」。

今、最強のアニソンだと私は思っている。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑ところで、アニメがどの話らへんで終わるのかがすごく気になる。中途半端に終わるの?今日もいらしてくれてありがとうです。是非クリックを!
[PR]
by nanv | 2009-12-17 17:46 | manga マンガ

知名度

b0004252_8355398.jpg

新宿駅の東口改札を入り、左手に行くと少し広まったところがあり、その奥にまた広いトイレがある。

このトイレ、よく利用するんだが、手前の広場は「アルプス広場」という。

多分待ち合わせにわかりやすいように名前をつけたんだと思うんだけど、これ、知ってる人って少ないよなあと思う。

どうだろ?

夫は東京駅の「銀の鈴」わからなかったしなあ。

そして何でアルプスなんだろなあ。
あえて調べないけど(笑)。
[PR]
by nanv | 2009-12-07 08:35 | je crois ぼんやり

自然と週刊連載

おなじみ「ナンカアルカナ」で、先週から「漫画家の手帖」というマンガを連載しています。

これが管理人さんによると「地味に好評」らしく、感謝の極み。

今週は、無印良品とかで有名なデザイナー、原研哉さんを大きくフィーチャーした回です。
こんなに原さんの顔描いた記事ってネット探してもあまりないのでは?と思います。
何の調査もなしに。

それで、合わせて原さんの著書を紹介するってんであわてて本屋にあるもの立ち読みしたら「フリーズドライは技術者に言わせると、とても精度の高いもの」とかいう箇所があり、しかるにインスタントコーヒーはレギュラーコーヒーとはまた違う、コーヒーのうまみを出すもう一つの優れた技術だ、ということにつながるのだが、このことが原さんの本に書かれていたことを、立ち読みして久しぶりに見つけてびっくりしました。

ああ、私のインスタントコーヒー信頼は原さんから来てるんだなあ。
でも原さんデザインのマキシムはあまり飲みません。すんません。

ちなみに絶版なのかもしれませんが「マカロニの穴の秘密」も原さんの本ではいいですよ。

何か忙しいと思ったら、たった2p分でも週間連載してんだもんなあ。
そして今も締め切りに追われている感じです。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑忙しい時は「漫画家っぽいなあ」と楽しむことにしています。今日もいらしてくれてありがとうです。ぜひクリックを!
[PR]
by nanv | 2009-12-05 13:32 | manga マンガ