<   2008年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

おしゃまなエイミイ、ラストデイ

私が、友人を集めてやっていたもうひとつのブログ「おしゃまなエイミイ」が、明日2008年12月31日に終わります。

それで、今まで記事を書いてもらった人たちで、答えてもらえる方に「5つの質問」を与えて、答えてもらっています。

「今年の1枚」として写メもついててかわいいです。

ハナワナホちゃんの写メとかすごいです(笑)。

あと、やっぱお母さんエピソードはそれぞれ必見かな。

これがなかなか面白いので、エイミストはぜひご覧ください。
エイミイの方も応援してくれたみなさん、ありがとうございました。

私の答えは明日アップされます。
どうぞお楽しみに。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑良いお年を!
[PR]
by nanv | 2008-12-31 00:18 | je crois ぼんやり

禁止令は出ているが

師匠(という名の友人)が、我が家に余っている大量の生地をもらいにと、マンガ会議をしに遊びに来てくれた。

ぎっくり腰的なものは前日、「ホルモー六景」をおとなしく、いや爆笑や感嘆の声を上げながら読んでいたのですっかり回復。
こんなに早く回復したことはないので、軽いもので良かったと胸をなでおろす。

雑談に花を咲かせ、近況ではやはり万城目学さんの話は外せない。

「『鴨川ホルモー』がすごく面白かったの」

「鴨川ホルモン?」

「ううん、ホルモー」

「あ、伸ばすの?え、ホルモーって何?」

万城目氏の言葉を借りれば「それが説明しづらいから一冊書いたのだ」。

でも一応するんだけどね。

ひととおり万城目さんの小説の素晴らしさと、エッセイの面白さ、どうやったら出会えるか、「鴨川ホルモー」を漫画化するってのはどうだ、もう1話目のネームを描いてしまおうかなどと話し合った後、「今年面白かった本」というつながりで渡辺えりの話に。

そしたら師匠も渡辺えりに興味があるらしく、えりさんの素晴らしさも共有することが出来た。

くしくも夫に禁止令を出された二人の話題でここまで盛り上がるとは。

今日は「鹿男あをによし」が届いた。
万城目本は今のところ焚書の危機はまぬがれている。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑今年の思い出にぜひクリックを。ランキングがあがります。ありがとうございます。
[PR]
by nanv | 2008-12-31 00:11 | je crois ぼんやり

ウオノメの余波

今朝、年賀状を投函しに歩いていたら軽いぎっくり腰になった。

ウオノメを避けた歩き方をしていたからだ。

ぎっくり腰経験は何度かあるので、もうこうなったら安静にしている他ないことだけはわかっている。

大晦日、果たして近い方の実家、茨城へ行けるのか。

本当はユニクロにジーンズ買いに行こうと思っていたのに、今日はとりあえず無理だ。

ボーイフレンドテーパードジーンズってやつが欲しい。
ボーイフレンドシリーズは以前から目をつけていたのだ。

前髪も切ろうと思っていたのになー。

実は実家に往かない方がいい、とかいう警告か(笑)?
それは困る!義母の飯食いたい!

ともかく今日は寝正月先取りで過ごそう。
[PR]
by nanv | 2008-12-29 10:03 | je crois ぼんやり

何かの警告なのか

実は、12月20日くらいから、左足の裏にウオノメ?タコ?があってとても痛い。
痛いので、変な所に力をかけて歩いてしまう。

ここ何日かは片足引きずってあるいている。
びっこ引いて(これ、方言?)歩いてる。

靴屋でバイトしていた時に、タコが出来て、辞めれば治ると思っていたんだが、治らなかった。
痛くなる時もあったが、歩くことに支障が出るほどじゃなかった。

それが突然刃を向いたのだ。

一応、ウオノメふやかして芯を取るバンソウコウを貼っているけど、今年中には治らなそう。

足が痛いと、運動量も減るので早く直したい。

小学生の頃にウオノメできたことがあるけど、こんなに痛くなかった気がするなあ。
出来た位置が悪いのか。

でも行きたいので30分歩いて図書館行って来ちゃった。

「怪我するから運動はするな」とか、天からの警告なんだろうか。

1ヶ月くらいして、「ああ、あの時ウオノメあって良かった」ということがあったら報告したいと思う。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑お時間ある方はウオノメ治ることを祈りつつクリックをどうぞ。ありがとうございます。
[PR]
by nanv | 2008-12-28 18:11 | je crois ぼんやり

お前のスケジュールなんて知らねえ!

b0004252_15475915.jpg

図書館で借りてきた「レバレッジ勉強方」にしてあった書きこみ。

そんなメモは自分の手帳にしろ!
[PR]
by nanv | 2008-12-28 15:47 | je crois ぼんやり

最近やった勘違い

田園都市線に「あざみ野」という駅があるんだが、ローマ字で出た時「Amazon」に見えた。

Azamino

Amazon

どうすか。
[PR]
by nanv | 2008-12-28 00:29 | je crois ぼんやり

歌が上手くて、かつ、いい人

歌うたいの友人が、この1週間にかたまってライヴをする。

ひとつは昨日書いた結婚式でご一緒したミスゴブリン
12月24日にライヴがあった。

それで、私、「いいとも」のクリスマス特大号見たくて(笑)、ミスゴブの出番終わったら、師匠(という名の友人)に次回のネームのコピーを渡し、ミスゴブのミワさんにもクリスマスプレゼントを渡して帰ってくる。

ミワさん、他の人と話してたのに、私が帰るとこ見たら「ありがとう」って言いに来てくれて、すごいなあ、偉いなあと思った。
だって私なんて、その3日前に結婚式で会ってるのに。

素晴らしい人とは、そうやって成功して行くのかなあとか思った。

そして、今日もこれからライヴがある。
これは前にも書いたことのあるゴスペルをやっている友人。
コーラスを手伝っているバンドのライヴなのだ。

彼女も、いつもメールや手紙が丁寧で素晴らしいなあと思うんだよね。

最近、創造って、他人を喜ばせるためにあるんだなあと、思うことが多いんだが、ただでさえ歌で人を喜ばせているこの友人達は、さらに態度で観に来てくれた人を喜ばせている。
素晴らしいなあと思う。

作品だけ素晴らしくて、世の中の人とは接しないと言われている「天才肌」という人がいるけど、そしてそれにものすごく憧れたけど、「いい人」に勝るものなし。
手塚治虫だって、そうだもんね。

最近は、それをよく思う。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑美人でいい人には、更に勝てないよね。あはは。降参、降参。
[PR]
by nanv | 2008-12-27 16:38 | je crois ぼんやり

集大成

遅くなったけど、21日にあった友人の結婚式二次会の話を。

私は「アコカ」という劇団に大学時代いたのだが、その団体の先輩の二次会。

アコカチームはもちろん何か作れる、演じられる人がごっそりいる。
その中でいちばん落ちこぼれと言っても過言ではない私が、新郎新婦のなれそめをマンガで描いて、友人に映像にしてもらった。
その映像は二次会で流れることとなった。

ひとの結婚式の二次会なのに、気になるのは自分のこと。
おう、オレ何て奴。

でも、思ったより好評だった。
私の感触からすると大好評。
マンガはすげえなあ。

懐かしい人に沢山会い、クイズに一喜一憂したり、ミスゴブリンミニライヴなど盛り沢山の二次会だった。

披露宴も押し押しだったみたいなんだけど、多分すっごく面白かったんだろうなあ。
先輩のひとりは得意の女装したみたいだし。

最後、会場の入り口に飾ってあったおっきな絵とか写真とか、あと、たくさん風船とかがあったんだけど、それらを新郎新婦が持って帰るって言ってて、「んな阿呆な」と思ったんだけど、本当にタクシーに詰め込んで帰ってて面白かった。

後ろの席で、お嫁さん風船まみれになって乗ってんの。
非道い。
でも面白くてみんな写メ。
オレらも非道い。

でも、新郎である先輩が会の最後にした、相変わらずへんてこりんな挨拶が、とっても良かった。
アコカにいた時は、まさか先輩たちの結婚式とかに参加できると思ってなかったので。

今まで、たくさん、素敵な人たちに会ってきたんだなあという集大成のような会だった。
出会えたことに感謝。

そして、新郎新婦は末永くお幸せに。
うらやましいぞ!美男美女夫婦!

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑我が家は今日が結婚記念日。飲むぞ!!
[PR]
by nanv | 2008-12-26 10:40 | je crois ぼんやり

ザ・キザ

他にも書きたいことはあるんだが、短くまとめられるものから。

NHK朝の連ドラの、石橋さん役の人の喋り方が面白くて、我が家では放送開始直後から彼を「ザ・キザ」と呼んでいる。

それで最近気付いたのだが、彼の言う科白を着ボイスにしたら面白いんじゃないのか?ということ。

候補としては
「今が旬だよ」
「君の声が聞きたくなったら、電話してもいいかな」(うろ覚え)
などがある。

毎回、ザ・キザが喋る度に着ボイス候補を探しながら見ている。

毎日見てるとマナとカナの違いがわかったことにびっくり。
もう別の人にしか見えない、と夫は言っている。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑メリークリスマクリック!ランキングがあがります。どうもありがとう。
[PR]
by nanv | 2008-12-24 09:08 | couple おもろい夫婦

お礼にマンガ

先日、関わっているサイト「ナンカアルカナ」の忘年会に行った。
会場は一緒にやっている人のお宅。

その人にはまだ5歳のかわいい娘がいて、是非仲良くなりたいと思い、折り紙を買っていった。
キラキラしていて、私が欲しいと思ったくらいの折り紙だ。

まず遊んだのが「プリキュア5すごろく」。
好きなキャラが娘とかぶり嬉しい限り。
すごろくを一周したら、今度は折り紙。

来ていた一人が風船を折ってあげると、それを娘を中心に数人で投げたり打ったりしての大はしゃぎ。

しかしまだ大人の夜は長いのだ。
お気に入りの本を出して読んでいるので一緒に見ていたら、眠たそうなので布団へ連れて行き寝るまで見ていた。

大人の輪に戻ると「よくこの中で寝かしつけた。素晴らしい」と言われ、嬉しくなる。

私は基本、子どもと動物に嫌われる。
私がまるで子どもで、そして動物のようだからだ。

この間も違う忘年会で、子どもにいきなり
「好きな言葉は?」と訊いて引かれた。
一応「おばちゃんの好きな寝言は『もう食べれない』だよ」と後から付け足したが無理だった。

なので上機嫌で家に帰ると、次の日メールが来た。
「遊んでもらったお礼にマンガを描きました」

え?
誰が?
忘年会開催地の主?(人知れず上京したあと、地元の友人に「お前、漫☆画太郎なんだって?」と言われた経歴あり)

いや違う、娘だ。

多分タイトルは「ひげおやじこんぶ」。
ひげおやじとおぼしき人が何か喋っている。
ああ、違う人っぽい人も出てきている。

そして、下の方に「またあそんでね」という文字!!
むぎゃー!嬉しい!

こんな嬉しいマンガ初めてだわ。
娘ちゃん、ありがとうね。

b0004252_1818544.jpg


↑もったいないので一部抜粋。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
[PR]
by nanv | 2008-12-19 18:20 | manga マンガ