<   2005年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

着るものがないと毎日思う

以前、このようなコピーが町田の小田急百貨店のポスターに書いてあって、「なるほどなあ」と思った。

今、私が「着るものがない」と考えているのは友人の結婚式である。
本当は着物が着たいのだが、朝早いことを考えると、ちょっと気後れする。
でもフォーマルな服などない。何しろスーツを自ら好んで、持たないでいるくらいだ。
肩も、脇も、出来れば出したくない。
スーツか。スーツが無難か。もしくはワンピースか。

そうゆうわけで、ここのところ毎日のようにフェリシモの通販カタログを見て、頭を悩ませている。
しかも早く頼まないと申し込みの締め切りになっちゃうよー。うわーん。
[PR]
by nanv | 2005-02-28 16:47 | je crois ぼんやり

万博といえば、つくば科学万博


愛・地球博の公式ガイドブックを本屋で見つけ、そのうち買おうとふくみ笑いをし、さあ帰ろうと思ったら、飛び込んできたよ、私の目に。

「つくば科学万博クロニクル」。

タイムマシンに乗れるなら、乗って行きたいつくば万博。
さわってみたいコスモ星丸。

モリゾーとキッコロの着ぐるみは、何とかならんもんか。
[PR]
by nanv | 2005-02-27 20:50 | je crois ぼんやり

そしてひとり

昨日はというと、37度台までは下がったものの、そこから下降の様子を見せない体温。
あんまり寝すぎても夜寝れないかと思い、「うたばん」と「おかげでした」を見る。

予想以上に笑った。
特に「おかげでした」の方の新企画。
しかも出てたんだな、劇団ひとり(ファンタジスタ *この括弧書きは「おかげでした」による)が。
彼と、上島竜平(神の子)の対比が何とも素晴らしかった。
泣くほど笑った。
竜ちゃんも、ひとりも、面白くない。
なのに笑っちゃうの。

他にもおぎやはぎ(THE メガネ)、アンガールズ(ジャガジャガ新星)、堀内健(自由の国の若王子)、山本圭壱(括弧書き忘れた・・・)など、メンツ集めのセンスたるや。あの中に居ると、若槻千夏(アイドル笑女王)がかわいく見えるのも良かった。

笑い疲れて熱を測ると、下がっていた。
気付いてみれば、私の熱を上げたのも、下げたのも、劇団ひとりである。

ちなみに劇団ひとりに熱を上げているわけではない。読み間違えなさらぬよう。
[PR]
by nanv | 2005-02-25 13:19 | television テレビ

39.5度

一昨日、少し熱を出したので寝ていた。
劇団ひとりの夢を見た。

熱が39.5度まで上がった。
[PR]
by nanv | 2005-02-25 11:45 | je crois ぼんやり

初・ユニセフ

わけあってうちに大量にある古切手。
どこかに募金出来たはず、と思い、「古切手 募金」で検索すると「ユニセフ佐賀県支部がなんやら」とゆう見出しが。
次いで「ユニセフ 古切手」で検索すると、やはり出てくる「ユニセフ佐賀県支部」。
どうもユニセフ本体ではやってないらしい。

詳細を知るために電話する。
「お近くにお住まいでしたら取りに行きますけど」とゆわれ、「神奈川です」と答えると「郵送料かかりますけどいいんですか?」とも聞かれた。
電話して訊くくらいなのだから、送料かかるくらいどうってことないのだ。

でも、どうして本体ではやってないんだろうなあ。

ユニセフ佐賀県支部 古切手・書き損じハガキのページ
[PR]
by nanv | 2005-02-22 16:10 | je crois ぼんやり

歌舞伎町の映画館だった

最優秀作品賞「半落ち」…主演女優賞に鈴木京香

日本アカデミー賞である。
私は結構毎年楽しみにしているのだが、楽しみにしているポイントはいくつかあって、
・竹中直人(好き)が出ているといいな
・佐藤浩一(どうでもいい)ってまた出てんのかな
・「ああ、こんな映画があったねえ」とか「これビデオ見なきゃ」とか思う
とゆう感じだ。

この賞の授賞式の観覧券発売のCMを、この間初めて映画館で見た。
「映画館でCMするんだ」とゆうのと「観覧出来るんだ」とゆうのと二重の驚き。
なかなか面白いものを目撃した。

さて、授賞式のテレビの方は、今まで福沢朗アナだった所を羽鳥アナが担当。
彼のコメントにはズームインでも何時も拍子抜けする。そして彼はアナウンサーとして機能していない。そこも含めてポスト福沢なんだと実感。

矢口史靖監督作品が「ウォーターボーイズ」チャーベくんに続き、「スウィングガールズ」ミッキー吉野での音楽賞受賞。嬉しいし面白い。
[PR]
by nanv | 2005-02-19 18:37 | television テレビ

ピエール瀧の職業


今日のタモリ 【2月17日(木)】

この日のテレホンショッキングのゲストは電気グルーヴのピエール瀧。
映画、「ローレライ」に出演してるらしく、ポスターを持ってくる。
そのポスターを見た、うちの家族が、「この人は出てるの?それとも音楽やってるの?」と聞いてきた。
瀧が電気グルーヴだとゆうことを考慮しての質問だ。

私はびっくりしてすぐ訂正した。
「違うよ!瀧は音楽の人じゃないんだよ!」
「え?じゃあ電気グルーヴって?」
「音楽だけどー・・・、瀧は・・・、『面白い』担当」
と会話は終了。

この後、電気ファンの友人にメールしたら
「私は、瀧は、『瀧』担当だと思う。彼の職業はミュージシャンではなく『ピエール瀧』だ。」とゆう趣旨のメールが返ってきた。

なるほど、しっくりするな。職業「瀧」。
[PR]
by nanv | 2005-02-19 13:15 | television テレビ

スラムダンク世代

すっかり遅いネタのようだ。
本屋でスラムダンクの登場人物が表紙の「SWITCH」を発見。少し立ち読みする。

好きなマンガ家と訊かれても、すぐには出てこないが、井上雄彦は好きだ。
多分、中学・高校の時、リアルタイムに「スラムダンク」をジャンプで読んで過ごしたと思う。

最近の井上雄彦にはは「バガボンド」全然再開してくれないのに、スラムダンクのこうゆう企画とか、UNOのCM出演とかしてて、ちょっと立腹していたのが、立ち読みしちゃうとゴリが懐かしくて結局夢中に。

何か、みんな昔の友達みたいな気になっちゃうんだ。
花道も、メガネくんも、流川も、リョータも、三井も。

でも「バガボンド」は早く再開して欲しい。
連載とは続けて載る事に意味があると思う。
[PR]
by nanv | 2005-02-18 16:24 | manga マンガ

タモリな一日

忙しいのもあって、今週のトリビアは半分しか見てないのだ。
でも今週のトリビア、またはガセビアについて。

今週のたまきは怒っていた。
結構怒っていた。
多分水面に向かって何度か「うそつき」とつぶやいてから、こっちに向かって「うそつき」ってゆったに違いない。

私もガセビアには気をつけようと思う。

ところで「いいとも」のタモリなんだけど、先週の「ZOOの解散はオレが原因」発言に引き続き、中国語ラップを披露してくれた。
最近のタモリはやる気があるようだ。へえの数もちょっと多いし。
[PR]
by nanv | 2005-02-17 15:34 | television テレビ

こうゆうのがとても好きで困っている

風味

私も参加して何だけど、コメントが面白くなっていったので、是非ご一読を。

私は小さい頃からものの着眼点が変わっていて、このことであまり得したことはない。
ただし、驚くほど面白がってくれる友人が1人居る。
[PR]
by nanv | 2005-02-16 11:02 | je crois ぼんやり