<   2005年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

パン番外編・もちつき機本来の使い方


私の家にはもちつき機がある。
それは、実はパン生地を練るためだ。
私はこう見えても(?)パンをつくるのが得意なのだ。

で、正月を越え、やっともちつき機がもちをつく機会がやって来た!
我が家でもちつき新年会だ。
つきたてのもちを五十嵐大介「リトル・フォレスト」よろしく納豆もちにしちゃうぞ!そんで、きな粉も、おしるこも雑煮もしちゃうぞ!
と、意気込んでいたら、色々事情があり、どたんばになって3人来る予定が1人に。

ちょっと待ってよ、説明書に「0.5升以下でもちをつくと上手くつきあがらないことがあります」って書いてあるから5合の米でもちつこうと思ってたのにさあ。

結局、5合のうち、半分くらいは2人でたいらげた。
残りは丸めて冷凍庫へ。お好み焼きに入れようっと。
小さい頃、祖父母宅でやったもちつきのノウハウ、覚えてるもんだな。
来週はパンを久しぶりにつくる予定。
[PR]
by nanv | 2005-01-31 20:52 | pain ロバパン友の会

本名、小林幸子。

多分「ゆきこ」って読むんだろう。
中尊寺ゆつこさん急死「オヤジギャル」で人気博す
単純に、若いんじゃないかと思ってびっくりした。42歳だって。
多田かおる以来のびっくり。

ところで、故・谷岡ヤスジに「天才漫画少女」と言われていたテレビ番組って、「お笑いマンガ道場」か?
それに採用されてたのなら、まさに天才だろうなあ。少女だし。すごいセンスだ。
[PR]
by nanv | 2005-01-31 20:34 | manga マンガ

売っちゃってるのか。

「死のノート」に賛否両論 中国、日本の漫画が発火点

すごいなあ。中国の商人魂。
日本では売ってないんだろうか。集英社、出してないのかな。
わかり難い話なので、こどもにはノートだけがピックアップされたってことなのかな。

賛否両論の前に集英社に訴えられないだろうか、その文房具屋。そっちの方が気になってしまう。

マンガの「DEATH NOTE」自体は、私はすっごく好き。
単行本の大場つぐみさんのコメントが秀逸。
[PR]
by nanv | 2005-01-28 14:51 | manga マンガ

まだ社長じゃないの?

今週で「モーニング」連載中の「取締役 島耕作」が終了した(まだ読んでないが)。
次はついに「社長 島耕作」!?と思ったら、まだ常務とか専務とからしい。
なーんだ。

でも社長にはならないような気もする。
永遠のヤンエグ(死語←死語って言葉自体が死語な気がする…)、島耕作。
[PR]
by nanv | 2005-01-27 16:36 | manga マンガ

今日はいいアボガドに当たったぞ

b0004252_1724447.jpgいつもは開くと茶色の線や点々が入っていたのだ。

やったあ。


[PR]
by nanv | 2005-01-27 16:25 | gourmande 食いしん坊

水曜日はwポイント

ソラモレンズの「大きな空小さな世界」を買いに町田HMVへ。
ところが、ない。
しょうがないから一緒に買おうと思ってた原田郁子「ピアノ」を、貯まったポイント活用して買う。
しょうがないから、まだあるか不安なタワレコ目指して相模大野へ。
そしたらあった。
タワレコも、ソラモのCDも。
いやあ失敗失敗。

HMVが好きで、でもポイント貯まったためしがないので、去年からなるべくHMVで買うようにしていたら、思った以上に貯まった。びっくりした。そんで嬉しかった。
その一因は、何故か水曜のWポイントデーに良く行っていたからだと思う。
本当、何故か水曜なんだよな。
[PR]
by nanv | 2005-01-26 17:19 | je crois ぼんやり

衝撃的事実

こんなのを発見した。


"http://www.misbit.com/eating_habits/archives/000340.jsp"
target="_blank">里芋を食べたらイタイ!!


何それ?恐い!と思ったら、里芋のぬめりが関係あるんだそうな。

里芋って、ぬめりとるの面倒だもんね。

でもこの主婦、レンジで里芋って、勇気あるなあ。

私はレンジでの料理って抵抗あるから。


ところで、私は里芋って、ここ何年かで食べるようになったんだった。

我が家の食卓に上がってこなかったもんだから、未知の味だし、手を出さなかったんだ。

週末に、もちつき新年会やるからと買ってきた里芋は、煮っころがしにする。

まあそれしか出来ないんだが。


[PR]
by nanv | 2005-01-25 15:10 | je crois ぼんやり

ここの本屋、結構好きだ

最近、「この人格好良いからスケッチしとこう」と思うのがV6岡田准一くん。

で、先週の月曜に彼が表紙の「 target="_blank">Cut」(本日で新しい号が出ちゃったみたい)を買っておいた。


月曜なので、少年ジャンプと一緒に。

最寄り駅の、長いことやってそうな本屋で、レジ横に並べてあるジャンプを指差し「それも一緒に」とおばちゃんに頼む。

おばちゃんは雑誌用の袋に2冊入れる。

ところが、Cutは大きい雑誌なので、袋の持つところが半分ほどふさがってしまう。

うんしょうんしょと持つとこ広げようとするおばちゃんに「それで大丈夫ですよ」と持ち帰って来る。


おばちゃんかわいい。

そこの本屋は、版画みたいなブックカバーを独自に作っていて、昔、賞もとったらしい。


そこに1冊だけ残ってたCutは、岡田くん目当てで買ったのに、オドレイ・トトゥ、チャウ・シンチー、エマニュエル・ベアール、
塚本晋也、鈴井貴之・大泉洋など載ってて、大満足の一冊だった。ちょっとびっくり。

今日やっとじっくり読めた。

target="_blank">2046」見てないの思い出した。ビデオ待つか。


[PR]
by nanv | 2005-01-24 23:19 | je crois ぼんやり

そんでチョコボールも買ってみたのさ

鈴井貴之監督の「銀のエンゼル」、一緒に行こうと思っていた友達が急に都合がついて、水曜に見に行って来た。

良かったよ。小日向さん。
あまりに良くて、どうして小日向さんがもっとインタビューとかに出なかったんだろう、と思った。
まあ、でも色々あるんでしょうな。「水曜どうでしょう」見てた私としても、鈴井さん大泉(洋)くんのインタビューも見たいっちゃあ見たいもんな。

でも良かったんだ、小日向さんが。

あと、嶋田久作が出てるのが豪華だなあ、と思った。
[PR]
by nanv | 2005-01-23 15:07 | je crois ぼんやり

しりとりだって好きなんだ

先日からちょっと気になっていたことわざ。
いろはがるたの「ゐ」の「ゐもの煮えたもご存知なし」。
「ゐも」は「芋」。それはわかる。かるたの取り札、煮た芋持ってる人だったもん。
「芋が煮える」ってのが何の例えなのか解らない。

調べた(調べてもらった)ところ、世の中のことを知らないひとを馬鹿にして言うことわざらしい。
そうか、取り札の絵は煮えた芋を持った阿呆なのか。

しかし何故、芋。
じゃがいもを洗うような人ごみ、と言うように、世間の人を芋に例えたの?
いや違う。舞台から見た観客はじゃがいもやかぼちゃだと思いなさい、という先生の教え?
まあいっか。

あと、いろはがるたで好きなのは「二階から目薬」。

芋ついでに、先日片栗粉のこと「でんぷん」とゆったら通じなかった。
そうか、でんぷんって通じないのか。
[PR]
by nanv | 2005-01-21 21:43 | je crois ぼんやり