笑いの天才を友人に持つ

友人が、祖母からもちが送られてきて、多くてカビが生えそうでもったいない、とゆうので、正月のもちで親とけんかしたことがあるくらいもちが大好きな私がもらうことになった。

豆もち20個、普通のもち4個。

ミスドでコーヒーとカフェオレを3杯づつ飲んで、バカ話をして解散。

あ、そういえばその友人は、やってくる電車の中で「私は煙草の煙で病気になった被害者です」とか書かれた腕章をした女性を見たそうな。

彼女は面白い人を引き寄せる力が絶対あると思う。
私も自分で結構あると思うんだが、この人には勝てない。

面白い話もこの人には勝てない。
この人、本当に天才だと思う。

そんな笑いの天才からもらったもちはたいそうおいしかったとさ。
きなこもちにして食べてるよ。
[PR]
by nanv | 2006-03-09 19:34 | gourmande 食いしん坊


<< いきもの 大井町線 >>