ライトな人数、ライトなやり方

b0004252_22505880.jpg


昨日はマンガワークショップ・ライト@ふくろうゼミにご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

あー、面白かったなあ。
詳しくは「ふくろうゼミ」の方のブログでお伝えしますね。
何故なら私が現在ふくろうゼミのブログ更新担当だからです笑。

今回は、本当は私の弟子の小学生も呼ぼうかなーと迷っていたのですが、お母さんと話して「インフルにいつかかかるかわからない」とのことで、彼はあたたかくなったら個別指導となりました。

そうなんだねー、子どもはそういうところに気を遣うのだね。
勉強になるなあ。

さて、マンガワークショップ・ライトは2時間という時間の中で、前回と同じく、自分を主人公にした6コママンガを描いていただきました。

その前に、私がバイト先の同僚に配るお菓子を新宿伊勢丹で買って、肝心のペンを買い忘れてたことに気付き、喫茶室で落ち合ったふくろうゼミ主催の大学教授に買いに行っていただくという無礼千万なハプニングなどありました…。

そして結局行っていただいた世界堂はレジが長蛇の列で、ペンは補充されなかったというオチつきで…。
そうです、生きるマンガこと、マンガ家南部宏子ですよ…。

参加人数はちょっと少なかったですけど、会議室もスマートなつくりだったので、ちょうど良かったです。

そして私のライトな進め方笑。
時間配分をすっかり間違えて、二人、宿題になってしまいました笑。

でも、描きたいものはほとんどつかんで描いていたので、素敵なマンガになること間違いなし!

そして写真も、主催の描いた自画像です。
木村先生、想像力があるよ…。そして線に迷いがないよ…。

あとね、「ともにゃん」ってタイトル&主人公のマンガを描いた方は、主人公のTシャツに「と」ってマルで囲んであるのがワンポイントで入っていたり、中・高の頃ちょっと描いていたっていうイラストの上手い方などが参加してくれて、私の目を喜ばせてくれたりと、軽ーい感じがとっても居心地の良い会でした。

「ふくろうゼミ」は、大人の勉強の場として、大学等、学習・研究機関を飛び出した、貴重で素敵な学びの場です。
自分の興味が深いことで、発表したい、語りたいことがある方、また、自分の世界を広げて見たい方はぜひ一度足を運んでみてくださいね。

私も居て、盛り上げますよ。ふふふふふ。
盛り上げますよ、私笑。

今日は用事があって懇親会(飲み会)出来なくて残念だったー。

なのでひとりで充実の晩酌をいたしました笑。

マンガワークショップの次回は、上記の通り、個人レッスンに1、2名プラスできたらという感じですが、3月には「ひみつのお絵描き教室」のえんぴつデッサンをやりたいと思ってます。
超~背伸びして人物描いちゃおうかな、と思ってます。
デッサンの先生、ごめん!

ご興味のある方はぜひ次回の南部宏子のワークショップをお楽しみに!
[PR]
by nanv | 2013-01-27 10:22 | manga マンガ


<< 原点に返る 熟す >>