伝えたがりの能力不足

b0004252_20112889.jpg

私は、伝えたいことがたくさんある割に説明が下手だ。

あと、伝える相手を選び間違うことも多い。

できれば、自分の喜びを相手も喜ぶ関係の人に物事を伝えたい。

それから、伝わらないことは伝わらないと割り切ることを覚えた。
でも、たいがい伝わらないことって怒ってることや文句、一方的な正義の場合も多いから、伝わらなくて当たり前の気もするけどね。

しかし、伝わらないとあきらめたことは、飲み会で初対面の人にだけピンポイントに伝わったりする不思議。

じゃあ、伝わりやすいことって何だろう。
それはやはり、いいことだ。

体験した楽しいこと、相手を楽しませる話題、共通の楽しい話題。

だから、いいことや楽しいことをたくさん覚えておいたり、記録やストックしておくのが、説明下手な私の伝達能力向上への第一歩かもしれない。

今日は例えば同僚が買ったと喜んでたiPadの話。

そうだよなあ、
相手を喜ばせるは、
相手がわかりやすい、
と近いもんなあ。

マンガの科白やストーリーを考えるのと近い。

めげずに伝えていこうっと。
[PR]
by nanv | 2010-10-19 20:11 | je crois ぼんやり


<< しょうがの効き方 伝えることと、捨てること >>