かわいい挿絵

マンガの作業をすると、PCをぜんぜんいじらなくなるので休日にまとめてアップだ、えい。
仕事のメールは転送してるから大丈夫なんだい。

先日、母親と電話していると「何か面白い本ない?」と言う。
私が今面白い本を挙げるとすれば万城目学なのだが、

「『鹿男あをによし』ってあったじゃない、知ってる?ドラマでもやってた」
「ああ、知ってる知ってる」
「あれ好き?」
「見てないから知らない」

などと無駄な会話を交わしつつ、母親の「私は今のところ山本一力一辺倒だね」というひとことでひらめいた。

しゃばけ」のシリーズなんて、どうだろう?

そう提案すると「ドラマになったやつをビデオに録ってある」と言う。
ということでアマゾンも見ない、ブックオフも近くにない母のために私は「しゃばけ」のシリーズをブックオフで買い求めた。

母が「あなたが読んだあとでいい」というので、お言葉に甘えて読んでみた。

面白い。

最初、時代小説に不慣れな私には読みづらいところもあったが、気付くと章ごとにかわいい挿絵があって、それが心をなごませてくれる。

あの挿絵なしではドラマのイメージも難しかったんじゃないかな、と思ったりする。
何てことないシンプルな線の挿絵なのに、若だんなが男前なことだけはわかる。

近々、一緒に送ろうかまよっていた「のだめカンタービレ」もまとめて送ってあげようかと思っている。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリックしてくれたらうれしいです。見に来てくれてどうもありがとう。
[PR]
by nanv | 2009-02-15 16:16 | je crois ぼんやり


<< 今期最後 格好いいフォント >>