おすすめって外国語で何て言うんだっけ?

年末年始、読む本、見るDVDが当たりばかりだ。

私が年をとって丸くなったのか?とか思ったが、素晴らしいことには変わりないので、年末年始に触れた本やDVDをここに紹介。

*DVD*

・「ペネロピ」

クリスティーナ・リッチが主演の、豚鼻の女の子の話。演出とか、衣装とか、美術がいちいちかわいい。「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」が好きな人は好きだと思う。私もそういう一人だ。

相手役の人も素敵だったなあ。でも私、外人の名前覚えるの本当に苦手なんだ。えーと、ジェームズ・マカヴォイさん。

・「アフタースクール」

大泉洋、堺雅人、佐々木蔵之介、そしてかわいいかわいい田畑智子ちゃんが出ているサスペンス・コメディ映画。
一緒に見た友人が「モジャモジャにサンバイザーは反則だ」と言っていた。
からくりがわかった後、もう一回見たくなる。

大泉くんが常盤貴子さんの相手役だなんて、そして堺雅人さんと親友役で共演なんて、「水曜どうでしょう」からのファンとしては、夢みたいな話。

だから私は大泉くんの活躍を見ると、自分も必ず活躍できるんだろうなあと思う。
そういう理由でも大泉くんが出ている映画は好きだ。

*本*

・「ホルモー六景」

説明は不要かと思いますが。大好きな、万城目学さんの「鴨川ホルモー」のスピンオフ小説。だから当たりなのは反則だろうと思うかもしれないが、これがこれが、ちゃんと恋愛ものもうまいのだ。そこに感心。そして惚れ直し。もう止まらない。

全部好きけど、二人静の話と、「丸の内サミット」の扉絵と、「長持の恋」が特に好き。
スガ氏の恋話もあるのかなあと、ちょっと期待したけど、それはなかった。残念なような、安心したような(笑)。

・「あの犬が好き」

私が図書館へ行くと、検索ワードとして頭に入ってる「訳・金原瑞人」でヤングアダルトコーナーをさがしたら目に入った作品。
これは本当にかわいい!!
かわいすぎて、電車の中で読んで、降りた駅で買って、友人にそのまま貸しちゃった。

著者はシャロン・クローチ。ニューベリー賞とカーネギー賞の両方をとっている唯一の人らしい。
原書も読みたいと思っている。

金原さん訳では「難民少年」以来のヒットかも。
フランチェスカ・リア・ブロックは別にして。

あと、これは以前の記事に書いたけど、ジャンプに載ってたうすた京介の

「ダブルマメダイチ」

も大当たりだった。
マメちゃんかわいい~!



ここまで書いてハズレもあったことを思い出した。
でもそれはハズレなんじゃないかなーと前もって思って読んだので、忘れてしまったみたいだ。

人間って良く出来てるね。

作品にリンクを張ろうと思ったんだけど、ブラウザの調子が悪いので、コピペしてアマゾンとか見てくれるとありがたいです。

私、このブログで商品写真出す方法知らないんだよね…。えへへ。

あ、英語で「おすすめ」は「レコメンド」だね。
フランス語では何だろう。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリックすると順位が上がります。ぜひどうぞ。
[PR]
by nanv | 2009-01-23 15:44 | je crois ぼんやり


<< 険しい道 またメモ >>