何かの警告なのか

実は、12月20日くらいから、左足の裏にウオノメ?タコ?があってとても痛い。
痛いので、変な所に力をかけて歩いてしまう。

ここ何日かは片足引きずってあるいている。
びっこ引いて(これ、方言?)歩いてる。

靴屋でバイトしていた時に、タコが出来て、辞めれば治ると思っていたんだが、治らなかった。
痛くなる時もあったが、歩くことに支障が出るほどじゃなかった。

それが突然刃を向いたのだ。

一応、ウオノメふやかして芯を取るバンソウコウを貼っているけど、今年中には治らなそう。

足が痛いと、運動量も減るので早く直したい。

小学生の頃にウオノメできたことがあるけど、こんなに痛くなかった気がするなあ。
出来た位置が悪いのか。

でも行きたいので30分歩いて図書館行って来ちゃった。

「怪我するから運動はするな」とか、天からの警告なんだろうか。

1ヶ月くらいして、「ああ、あの時ウオノメあって良かった」ということがあったら報告したいと思う。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑お時間ある方はウオノメ治ることを祈りつつクリックをどうぞ。ありがとうございます。
[PR]
by nanv | 2008-12-28 18:11 | je crois ぼんやり


<< ウオノメの余波 お前のスケジュールなんて知らねえ! >>